オンライン(Zoomウェビナー)にて開催!

【参加申込受付中】
  本ページ下部にあるリンクよりお申込み下さい。

100年の計を見据えた歯科医療・歯科医学を考える
-現場の声を聞こう! 医科歯科連携-

日時

令和4年10月30日(日) オンライン開催
(振り返り視聴 11/3~11/17)(予定)

昨年度に引き続き、オンラインで配信します。
実際の会場の熱気を皆さんと共有できないことはとても残念ですが、PCやスマートフォン、タブレットを用いてどこからでもリアルタイムでご参加頂けます。
また、2週間の振り返り視聴期間(オンデマンド配信)も設定いたします。
多数の先生方・スタッフの皆様のご参加をお待ちしております。

参加資格

どなたでもご参加いただけます

参加費

\3,000(東北大学歯学部学生は無料)

講演① 10:00~12:00

病院歯科口腔外科における医科歯科連携
~歯科治療併発症から治療前後のマネージメントまで~

今村栄作先生(21回生)
(横浜総合病院 歯科口腔外科部長/院長補佐) 歯科医師

【略歴(リンク)】

【抄録】
 超高齢化社会において全身疾患を有する人数は増加の一途をたどっています。医科医療費(65歳以上)は全体の62.8%(2018年)を占め、加齢に伴い罹患率も増加傾向となりますが、この世代の多くの患者の歯科治療を行っているのが現状です。
 心疾患や高血圧性疾患は、局所麻酔中に患者の全身状態の悪化を招く危険がありますので充分な注意が必要ですし、糖尿病や自己免疫疾患、抗血栓療法や骨吸収抑制薬治療を受けている患者さんは特に抜歯や小手術後に注意が必要です。また気管支喘息患者は450万人、慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者は530万人もいると言われており、気道に近い我々の治療は細心の注意を払わなくてはなりません。

 歯科治療においてRiskを伴う疾患が、治療前の問診で確認できていれば十分な準備が出来ますが、既往歴の聴取不足や患者の申告漏れがある状況での治療時偶発症は、対処にとても苦慮をしますし、生命の危険を脅かす場合もあります。私は卒後の殆どを救急病院で勤務しており、様々な歯科関連の救急患者を診てきましたし、また我々自身も多くの術後併発症を経験しています。それは本当に偶発的なものから、治療における全身的な合併症そして問診不足による併発症まで様々です。
 今回は我々の経験してきた症例も含めて、歯科医院で起きた併発症を中心に予防と対策そして医科との連携についてお話する予定です。明日からの臨床のために何らかのヒントを持ち帰っていただければ幸いです。

【著書紹介(リンク)】

講演② 13:00~14:00

医科の視点から歯科に求めるもの

古屋 聡先生
(山梨市立牧丘病院) 医師

【略歴(リンク)】
【抄録】近日掲載予定
【著書紹介(リンク)】近日掲載予定

講演③ 14:05~15:05

最期まで尊厳のある口を支援する訪問歯科診療
~東日本大震災後の気仙沼市での活動を交えて~

飯田 良平先生
(ヒューマンデンタルクリニック 院長) 歯科医師

【略歴(リンク)】

【抄録】
 皆さま初めまして。ヒューマンデンタルクリニックの飯田良平と申します。鶴見大学歯学部高齢者歯科学講座で20年勤務した後に2020.4月に開業しました。「人生の最期まで尊厳のある口を」をモットーに、横浜総合病院の今村先生のお膝元、横浜市都筑区で訪問診療を中心に活動しています。地域医療に関わる方の理解も少しずつ増して、人生の最終段階においても歯科に依頼をいただくようになってきました。最後まで口から食べること、そして旅立つ際にも綺麗な口で逝けるようなお手伝いをしています。

 さて、東日本大震災の後に鶴見大学では、気仙沼市の2つの小学校で居場所をつくる学習支援活動「学びーば」を始めました。また宮城県歯科医師会の「気仙沼・南三陸歯科口腔保健支援事業」を実施する気仙沼歯科医師会を支援させていただきながら、古屋先生方の支援活動とも協調をしました。具体的には南三陸から唐桑半島に至る計11の施設(特別養護老人ホーム、老人保健施設など)と在宅や病院へ、気仙沼歯科医師会の先生方と訪問診療をさせていただきました。平成24年度には歯科医師会の研修会として摂食嚥下に関する7回の研修会も実施させていただきました。その後は「気仙沼支援医療・福祉関係5団体」での活動など、長きにわたり医療や福祉関係の支援活動にも参画させていただき、現在でもご縁が続いています。

 今回はそのような気仙沼での地域における多職種連携の症例も供覧させていただきながら、最後まで寄り添う歯科における訪問診療の実際について皆様と考えることができれば幸いです。

※講演③終了後、講師によるディスカッション・質疑応答を予定しています

【第37回卒後研修会に関するお問い合わせはこちらまで】
卒後研修会事務局(東北大学歯学部同窓会事務局内)
Email: sotsuken37@tohoku-dent-alum.jp

参加申込

参加申込期間:6/15~10/23

本研修会の参加申込受付は“PassMarket”を用いて行います。
参加をご希望される方は、上記リンク先よりチケットの申し込みをお願いいたします。
当日のzoomIDは、申込時にご登録頂きましたメールアドレス宛に10月26日(火)にお送り致します。
紙、ないしデジタルでの“チケット”の発行はされません。

なお、東北大学歯学部学生の皆さんにつきましては、大学配布のメールアドレス(@dc.tohoku.ac.jp)で申込をすることで無料となります。プライベートアドレスでの登録は無料の対象とはなりませんのでご注意下さい。

演者略歴等・著書紹介

【今村栄作先生】
略歴(今村先生)
 1991年3月  東北大学歯学部歯学科 卒業 
 1991年4月  鶴見大学歯学部 口腔外科学第1講座入局(診療科助手)
 1991年10月  長野県厚生連佐久総合病院 歯科口腔外科(研修医)
 1993年4月  横浜労災病院 歯科口腔外科勤務(研修医、専修医)
 1995年4月  東芝林間病院 歯科口腔外科勤務(医員)
 1996年4月  鶴見大学歯学部 口腔外科学第1講座(助手)
 1996年10月  横浜労災病院 歯科口腔外科勤務(医員、医長)
 2001年6月  横浜総合病院 歯科口腔外科(部長)
 2005年8月  桐蔭横浜大学医用工学部(客員教授、2012年3月まで)
 2015年4月  横浜総合病院 院長補佐(兼任)
 日本口腔外科学会 口腔外科専門医 代議員
 日本口腔インプラント学会 認定専門医 

著書紹介(今村先生)
◉『インプラント併発症』医学情報社 2011年
◉『一般臨床医のための歯科小手術のスキルアップ』日本歯科評論増刊 2014年
◉『判例からみた医療安全(歯科医療に求められる戦略的なリーガルリスクマネージメント)』わかば出版 2014年  
◉『歯科診療室での医療安全実践ガイド 起こりやすいエラーの予防と対応策』医歯薬出版 2010年
◉『歯医者さんに教えて! どんなお薬飲んでいますか?』クインテッセンス出版 2018年12月 長坂浩 監修 中島丘 編集 今村栄作・岩﨑妙子・久保山裕子・星島宏・守安克也・山口秀紀 著
◉『抜歯後に止血しない「治療後患者からクレームが出たとき100問100答』デンタルダイヤモンド社 増刊号VOL.23 No.314;88~89、1998年
◉『海外派遣労働者の歯科健康指導と歯科疾患管理 世界の歯科事情と安心ガイド(海外派遣労働者のために)』社団法人日本歯科医師会発行 2002年
◉『ブロック骨移植「日常臨床における再生療法のテクニックと長期経過」』日本歯科評論 別冊2009 74―79p HYORON 2009年5月


【古屋 聡先生】
略歴(古屋先生)
 自治医科大学卒業(1987年)
 (ご専門)
  プライマリケア整形外科(整形内科)
  プライマリケアエコー
  口腔ケア
  摂食嚥下
  コミュニケーション
  災害支援
  地域包括ケア
著書紹介(古屋先生)


【飯田 良平先生】
略歴(飯田先生)

 鶴見大学歯学部卒業(1997年)
 歯学博士(鶴見大学)
 鶴見大学歯学部非常勤講師(高齢者歯科)
 日本老年歯科医学会 指導医・専門医・摂食機能療法専門歯科医師
 日本摂食嚥下リハビリテーション学会 評議員